2016年8月22日月曜日

酷暑の現場三昧

今日は3つの現場へ。

朝一は徳川町へ。地下はRC.上階は木造の混構造です。
杉板型枠を吊り込んでいます。
整然と並べられたスラブ配筋

午後からは東浦へ。
古民家改修(親世帯)と新築(子世帯)をつなぐ2世帯住宅です。
既存の土台に沿わせるように新しいコンクリートの立上がりを設けて新しい土台と緊結し、更にオリジナルの制作柱脚金物によって耐震補強を行っています。
新築部はTEDOK河本さんと配筋検査を行ってきました。

夕方は半田へ。RC+W+Sのハイブリッド構造の現場です。
やっとスチールサッシが取り付きました。ほっ(汗)
曲面の左官壁の下地を作っています。

どの現場も様々なテーマが有り完成が楽しみです。それにしても毎日暑すぎますね。職人さん本当にお疲れ様です。


2016年7月23日土曜日

白壁の家

額縁効果によって切り取られた中庭

一宮の家




いよいよ工事も大詰め、これから外構・造園にて住宅に自然の彩りが入っていくのが楽しみです。



2016年6月15日水曜日

望景閣

外壁の焼杉の施工中。
白の軒天とのコントラストが良い感じになっています!

OLD NEW


既存の母屋を残して解体工事が進んでいます。
母屋は耐震改修を行い、古えの記憶を引き継いでいきます。




2016年5月31日火曜日

徳川町の家

構造の矢尾さんと支持地盤の確認へ。
H鋼で土留めをしてこれから地下工事に入っていきます。

2016年5月23日月曜日

望景閣

眼下に半田の街並みが広がり、フルハイトの見附の細いスチールサッシで開放感をより高める計画。
外壁の焼杉。開口。広がる景色。